元本保証商品の仕組は長期債券とリスク資産の組み合わせ

「元本保証」それは商品を魅力的にみせる魔法の言葉。

 

「積立期間は15年、満期時には元本の140%が保証されます」

そんな商品ホントにあるの?が第一印象。以下、あるメールマガジンの引用。

-------引用開始-------

「元本保証の長期積立はないか」

という質問はよく受ける。

ある。

15年積立で満期時に
積立総額の140%が保証される。

15年間のパフォーマンスが
それ以上であれば利益はさらに上乗せされるが
ファンドのパフォーマンスが見込みを下回っても
元本の140%の償還がある。

例えばUSD1,000/月を
15年で総額USD180,000を積み立てると
満期のときに最低でも
USD252,000になっているということ。

ただこれには
契約した15年間一度も欠けることなく
積立を全うするという条件がある。

途中で積立金の支払いを
一度でも休んだりすると140%の保障はなくなり、
純粋なパフォーマンスのみが収益となる。

積立を開始してから
24ヶ月間の初期積立期間があり
その間に解約をすると投資資金は戻らないが
その期間を過ぎるとプランからの引き出しや
資産価値の40%までの借入が可能という柔軟性もある。

ただし途中引き出しをした場合も
満期時の元本140%保証はなくなる。

【元本保証型ファンド】

積立プラン:USD1,000
積立年数:15年
総積立額:USD180,000
年平均利回り4%で運用できた場合の満期返戻金:USD252,000
年平均利回り7%で運用できた場合の満期返戻金:USD272,395

------引用終わり------

商品名を恐らく意図的に伏せているが、これのこと。

www.investors-trust.com

 

元本保証商品かつ一定の利回りを出す商品はUSドル建てがほとんど。

なぜならば、その中身が「USドル建て長期債券+リスク資産」の運用で構成されているから。

 

例えば以下の例で考えてみる。なお積立だと計算が煩雑になるのでそこは割愛する。

手元資金100

15年後に元本保証140%

 

これは仮に全資金100を長期債15年で運用するならば、年利2.4%の債券を満期まで保有すれば達成される。ちなみに現在のUS債券の利回りは政府のサイトで開示されている。

Daily Treasury Yield Curve Rates

 

では、仮に保有債券の利回りが3.0%だとどうなるか。

140%/15年を達成するために必要な資金は100->93へ減少し、余った7をリスク資産に振り分けられるようになる。投資先はS&P500でもDOWでもコモディティでも何でもよい。元本は既に保証されているのだから、USドル建てだけど。

 

元本保証、かつ運用に応じて更に増えますよーと謳っている商品の中身はおおよそこのようなもの。プルデンシャルのドル建てリタイアメントインカム(真っ先に営業されるアレ)も仕組みは同じ、外貨建て貯蓄性養老保険も同じ。保険の場合はそのコスト分利回りが落ちる。外貨建てがほとんどなのは、日本国債の利回りでは運用にならないから。

 

保険機能を強く求めるのでなければ、自分で同じ事をした方が利回りがいいんじゃないだろうか、多分。ドル建て長期債券+VOOでも買って寝かせておけばいいと思う。

 

なお上記のインベスターズトラスト、ある筋に聞いたところ、資産規模が保険会社というには貧弱過ぎる、15年後の存続もあやしい、止めた方がいい、との情報を得ている。実際、商品設定当時の長期債券の利回りだったら140%可能でも、現在のような低利でほんとに保証されるの?ある日とぶんじゃねーの、というのは私も疑問。

 

結論

金融商品における元本保証とは資産の一部を債券に振り分けること。

円建てでは難しい。