麻酔科医のキャリアパス

麻酔科をしている。

好きで選んだ仕事。

それはいまでも変わらない。

好きなことをして生活に困らないお給料が貰える、幸せなこと。

 

若い頃考えていなかったが、いま考えること。

麻酔科医のキャリアの終着点は??

日本の麻酔科は戦後に外科から分派したのがその起こりであり、比較的歴史が浅い。

そのため、黎明期を支えた麻酔科医は元外科医が多い。

近年ようやく卒業直後に麻酔科に入局しました!という麻酔科ストレート世代が引退し始めている。

 

1.勤務医として定年まで勤めあげる

多分、多くはこれ。恐らくポストに対して人数が少なかったので希望すれば関連病院部長として、医局OBとして定年まで勤務医を続けられたのだろう。いまはどうか、上が詰まってないだろうか。

2.大学スタッフとして退官

同じく、上記1のうちの希望者、優秀な者が大学で教官として引き上げられていたと思われる。同じく今は上が。。。

3.麻酔科から足を洗う

療養病院へ転身、麻酔科以外で開業、など麻酔に携わらなくなった医師も上の世代には多くいるようにみえる。若者のイメージでは麻酔業務に疲れた者がたどり着く避難所。某所の言葉を借りればドロッポ。

4.ペインクリニック開業

ペインの技術を活かしての開業だがニッチなフィールド。もちろん需要はあるのだろうが、少数派。何よりはじめからここを目指さないとホンモノは無理。

5.フリーター化

先達には少ない。最近は流行。

 

こうしてみてみると、自分のスキルを活かしながら開業する選択肢が他科に比べると極端に狭い。医師のキャリアの着地点は大学or市中病院勤務医or開業に大別されると思っているが、麻酔科では最後の「開業」のオプションが極めてとりにくい。

 

麻酔フリーターは、開業しにくい麻酔科の苦悩が生み出した産物なのかもしれない。定年まで急性期病院で、夜中の緊急でーす、医者がいないんで並列お願いしまーす、オペ終わらないんで残業でーす、の連続では身体がもたないと考えるのも無理はない。かといって開業もできない。そこへ降って湧いた麻酔科崩壊とその後のフリーバブル。

 

年はとって体力は落ちるし、身の振り方、考えますよねえ。

楽天iDECoに加入した

たわらノーロード先進国株式に全振り、といっても月額12,000円のmax。

控除取れるなら、もっと枠を拡げて欲しいと考えているひとは多いだろう。

ドル建て終身保険の利回りはよく計算してみよう

プルデンシャル、メットライフソニー生命etc...

 

保険加入を検討したひとの多くが一度はお目にかかっている外貨建て終身保険

「満期で元本の140%を保証します!(外貨だけど)」

「為替によってはもっと増えます(減る事もあるけど)」

などなどのニンジンをぶら下げて、あとは健康不安を煽ればいっちょうあがり。

 

でもExcelと簡単な算数が出来れば実際の利回りが計算できるので、加入の是非はそれから検討しても充分間に合います。ツーブロック黒光りお兄さんの勢いに気圧される必要はない。

 

結論からいうと、為替リスクをとる価値のある投資ではない。もちろん投資ではなく、保険商品だから、保険機能に魅力を感じるならばそのうえで加入すればよい。

 

以前も触れたが、元本保証でリターンも出せる商品は長期国債によりその元本をヘッジしている。したがって今の低金利だと円建て で成立しないのは当然のこと。

 

自分ならば貯蓄と保険は分離する。国債+共済でもやっておけばよい。収入保証特約なるものもあるが、日本の保険医療制度は世界最高水準なので、逆説的になるが病気した時の生活が心配になる程度の資産しかないひとは、実は心配しなくても公費でなんとかなる場合がほとんど。

 

ツーブロックお兄さんの話は適当に聞き流すのがよいと思う。

iDeCoには特別法人税がかかる(かも)

お上の主導でアピールされているiDeCo。節税メリットを謳って加入者を順調に増やしているみたい。

 

私も先日加入したところだが、それにあたって一番懸念したのは凍結中の特別法人税。運用中の資産時価総額に対して1.173%かかります。

 

ネット広告だと、すみっこに小さく書かれていて意図的な何かを感じる。それはまるで保険の約款のよう。

 

加入が普及して国民全体の資産規模が十分大きくなったところで凍結解除!というのは止めて欲しいけど、徴税目線だと資産は60歳までロックできるし徴収漏れもないし、ラクでいいよねとなる。

 

関係団体から廃止の要望が長年挙げられているにも関わらず、あくまで凍結で対応してきた国の意図はなんだろう。

 

ku-work.com

Arcana Izu

医療過疎地を中心に医師の紹介をしている。

今回は伊豆半島の某医療機関

 

東日本の場合、麻酔科医が極端に都心に集積しているため、東京から離れるほど勤務条件がよくなることが多い。率直に言えば、フィーの相場が東京を中心としてほぼ同心円状に分布している。

 

伊豆半島はアクセスの悪さもあり、一般的な都心からの距離が形成する相場よりは好条件である。ただし、移動時間も拘束のうち、そのように考える向きには不適当と思われる。何しろ遠い、日帰りするのが嫌になるくらいに。

 

時々仕事に行く分には自然も豊かで悪くないと思うが、それは少数派の考え方のようだ。

 

伸るか反るかはさておき、視察&情報交換と充実の行程であった。

www.arcanaresorts.com

登記変更は自分で出来る

法人登記変更を行った。

 

合同会社の利点のひとつは定款自治、だと思う。ところが司法書士に依頼すると、テンプレを写しただけの定款を見せてくることが多い。曰く、「融資を受けるならこの辺はきちんとしておかないと、行政書士の作ったものではdmdhfeooengao....」

 

いやいや、こっちの要望聞いてそれにフィットさせるように考えるのが基本じゃないのかなあ。うちは融資受ける予定ないですし。ただ紹介の司法書士なので、仕方なく一度は依頼、あとはフェードアウト。

 

調べてみると登記変更自体はさほど難しいものではない。

できることは自分でやろう。

 

登記変更は意外と簡単。

元本保証商品の仕組は長期債券とリスク資産の組み合わせ

「元本保証」それは商品を魅力的にみせる魔法の言葉。

 

「積立期間は15年、満期時には元本の140%が保証されます」

そんな商品ホントにあるの?が第一印象。以下、あるメールマガジンの引用。

-------引用開始-------

「元本保証の長期積立はないか」

という質問はよく受ける。

ある。

15年積立で満期時に
積立総額の140%が保証される。

15年間のパフォーマンスが
それ以上であれば利益はさらに上乗せされるが
ファンドのパフォーマンスが見込みを下回っても
元本の140%の償還がある。

例えばUSD1,000/月を
15年で総額USD180,000を積み立てると
満期のときに最低でも
USD252,000になっているということ。

ただこれには
契約した15年間一度も欠けることなく
積立を全うするという条件がある。

途中で積立金の支払いを
一度でも休んだりすると140%の保障はなくなり、
純粋なパフォーマンスのみが収益となる。

積立を開始してから
24ヶ月間の初期積立期間があり
その間に解約をすると投資資金は戻らないが
その期間を過ぎるとプランからの引き出しや
資産価値の40%までの借入が可能という柔軟性もある。

ただし途中引き出しをした場合も
満期時の元本140%保証はなくなる。

【元本保証型ファンド】

積立プラン:USD1,000
積立年数:15年
総積立額:USD180,000
年平均利回り4%で運用できた場合の満期返戻金:USD252,000
年平均利回り7%で運用できた場合の満期返戻金:USD272,395

------引用終わり------

商品名を恐らく意図的に伏せているが、これのこと。

www.investors-trust.com

 

元本保証商品かつ一定の利回りを出す商品はUSドル建てがほとんど。

なぜならば、その中身が「USドル建て長期債券+リスク資産」の運用で構成されているから。

 

例えば以下の例で考えてみる。なお積立だと計算が煩雑になるのでそこは割愛する。

手元資金100

15年後に元本保証140%

 

これは仮に全資金100を長期債15年で運用するならば、年利2.4%の債券を満期まで保有すれば達成される。ちなみに現在のUS債券の利回りは政府のサイトで開示されている。

Daily Treasury Yield Curve Rates

 

では、仮に保有債券の利回りが3.0%だとどうなるか。

140%/15年を達成するために必要な資金は100->93へ減少し、余った7をリスク資産に振り分けられるようになる。投資先はS&P500でもDOWでもコモディティでも何でもよい。元本は既に保証されているのだから、USドル建てだけど。

 

元本保証、かつ運用に応じて更に増えますよーと謳っている商品の中身はおおよそこのようなもの。プルデンシャルのドル建てリタイアメントインカム(真っ先に営業されるアレ)も仕組みは同じ、外貨建て貯蓄性養老保険も同じ。保険の場合はそのコスト分利回りが落ちる。外貨建てがほとんどなのは、日本国債の利回りでは運用にならないから。

 

保険機能を強く求めるのでなければ、自分で同じ事をした方が利回りがいいんじゃないだろうか、多分。ドル建て長期債券+VOOでも買って寝かせておけばいいと思う。

 

なお上記のインベスターズトラスト、ある筋に聞いたところ、資産規模が保険会社というには貧弱過ぎる、15年後の存続もあやしい、止めた方がいい、との情報を得ている。実際、商品設定当時の長期債券の利回りだったら140%可能でも、現在のような低利でほんとに保証されるの?ある日とぶんじゃねーの、というのは私も疑問。

 

結論

金融商品における元本保証とは資産の一部を債券に振り分けること。

円建てでは難しい。